UBUYAMA FARM うぶやま牧場

ブラウンスイスのある暮らし

0967-25-2900

牧場で出来ること

交通アクセス


UBUYAMA FARM うぶやま牧場 UBUYAMA FARM うぶやま牧場


ここでは、ブラウンスイス牛乳を使った
体にやさしいレシピを紹介します。
自然派料理研究家の方々が提案する料理を、
写真家の野中元さんが撮りおろします。
からだと心が喜ぶ料理、作ってみませんか?


ブラウンスイス乳を使ったレシピはこちら

忙しい時でも、手軽にお野菜をたっぷり摂れるレシピです!

ブラウンスイス乳のクリームスープ

  • [材料 (4人分)]
  • ・ブラウンスイス牛乳

    250ml
  • ・じゃがいも

    2個
  • ・にんじん

    1本
  • ・ブロッコリー

    1株
  • ・坊ちゃんかぼちゃ

    1/2個
  • ・ベーコン

    50g
  • ・玉ねぎ

    1/4個
  • ・しいたけ

    1枚
  • ・ローリエ

    1枚
  • ・水

    250ml
  • ・粗塩

    小さじ1/2
  • ・塩

    適宜
  • ・天然丸大豆醤油
    (お好みで)

    小さじ1
  • [下準備]
  • ブロッコリーを茹でるためのお湯を沸かしておく

手順1

材料を切る

・じゃがいも、人参、かぼちゃ、玉ねぎ、しいたけ …1cm角に
・ベーコン …平切りに
・ブロッコリー …1口サイズなど、食べやすい大きさに

手順2

ブロッコリーを10秒ほど茹でてざるに上げておく。
(水にはさらさない)

手順3

ベーコンを炒める(中火)
(油を使わず、ベーコンそのものの油が出始めた頃混ぜる)

手順4

玉ねぎ、人参、しいたけを入れて炒める
(この時にひとつまみの塩を入れる)

手順5

全体に油が回ったら、水を250ml程度入れ、
ローリエを入れる
(水は、ひたひたよりも少し少なめに入れるのがポイント)

手順6

かぼちゃを入れる

手順7

ブラウンスイス牛乳を入れる

手順8

粗塩を入れる

手順9

弱火にする
(味見をし、お好みで天然丸大豆醤油を小さじ1入れる)

手順10

火を消し、ブロッコリーを乗せて完成

レシピ作者 かるべけいこ

福岡県出身。中村学園大学食物栄養学科卒。大学卒業後、
外食産業勤務を経て夫婦で熊本県南阿蘇に移住。自然農法を実践する夫とともに食の自給に取り組む。
移住後夫婦で自宅を開放して始めた期間限定カフェでの自然食が評判となり、
全国から人が訪れる。現在は「食のアトリエかるべ」の主宰として料理教室を行うほか、
講師として九州内外に招かれている。自然食材を用いた加工品の販売でも知られ、クッキー、シュトーレン、
天然酵母パンや切り干し大根、梅干しや、代名詞とも言える鉄火味噌など、全国にファンが多い。


熱々のままでも、冷やしても美味しいグラタンです。お好きなフルーツでどうぞ♪

ブラウンスイス牛乳のフルーツグラタン

  • [材料]
  • ・ブラウンスイス牛乳

    200cc
  • ・卵黄

    3ヶ
  • ・グラニュー糖

    65g
  • ・薄力粉

    10g
  • ・フルーツ各種

    イチゴ
    りんご
    パイン
    キウイ
    オレンジ
    バナナ
    など各適宜

  • ・粉糖

    適宜
  • ・ミント

    適宜
  • ・バター

    適宜

手順1

バターを器の内側に塗る

手順2

フルーツを半量程度入れる

手順3

ボウルに卵黄・グラニュー糖・薄力粉を入れ、混ぜる

手順4

手順3にブラウンスイス牛乳を入れ、かき混ぜる

手順5

手順4をざるで濾す

手順6

手順5を鍋で強火にかけ、カスタードクリーム状に固まるまでヘラでかき混ぜる

手順7

手順6を手順2に流し入れる

手順8

残りのフルーツを載せる

手順9

180℃に予熱したオーブンで5分程度焼く。(焼き色が付くまで)

手順10

粉糖をふり、ミントを乗せて完成。

井 二郎 (い じろう)

うぶやま牧場レストラン料理長。産山村出身。
大阪の調理学校卒業後、神戸ポートピアホテルのレストランで勤務。
35歳で両親の暮らす産山村に帰郷し、
20年以上にわたって村内のホテルやレストランで料理人として腕を振るう。
村人や村を訪れる人々を地元の食材を使った料理でもてなすのを楽しみとしている。
うぶやま牧場レストランでは、村のあか牛を使ったハンバーグやハヤシライスが人気。